トップ > 書籍 > 馬場馬術の美しい騎座 騎乗時の姿勢・呼吸とエクササイズ

馬場馬術の美しい騎座 騎乗時の姿勢・呼吸とエクササイズ

著者:Anja Beran
監訳:伴 美恵子、伴 孝徳、樫木 宏之、宮田 朋典
翻訳:二宮 千寿子

A4判変型 168頁 オールカラー
ISBN978-4-89531-584-5
2021年2月発行
定価:本体6,000円(税別)

<内容>
美しい騎乗は、美しい座り方から!
馬の鞍に座っている状態を指す「騎座」。
本書では、馬の様々な動きに合わせた座り方と、騎乗時の姿勢、呼吸について豊富な写真とともに解説。
姿勢を改善し、正しい騎座を習得するために役立つ実践的なエクササイズも多数掲載。

【本書のポイント】
・三種の歩法・歩様から、側方運動、手前の変換、ピアッフェ、パッサージュやピルエットまで、様々な運動でライダーがどう座るべきか詳説。
・騎乗時の正しい姿勢と呼吸について解説。
・ライダーの身体の構造の説明と、姿勢の改善をもたらす実践的なエクササイズを豊富な図版とともに紹介。
・乗馬愛好家や乗馬クラブのインストラクターなど、すべてのライダーが活用できる。

<目次>
【パート1】
イントロダクション

馬場馬術の基本姿勢 ライダーの視点から
乗馬に向く身体的な条件
体の使い方
馬の動きに調和して随伴する

上級編 柔軟な騎座から、効果的な扶助の出し方へ
コミュニケーションの手段としての騎座
常歩での騎座
速歩での騎座
駈歩での騎座
移行
後退
側方運動における騎座
踏歩変換における騎座
ピアッフェにおける騎座
パッサージュにおける騎座
駈歩ピルーエットにおける騎座
スペイン常歩における騎座
騎座を使って馬体を真っすぐに整える
鞭の持ち方
拍車の使い方
手綱を取る
大勒ハミと小勒ハミの使い方

呼吸に関する簡潔な解説

心理的な側面

【パート2】
イントロダクション

理学療法士の視点から見た馬場馬術の基本姿勢 直立姿勢と繊細な騎座を得るためのアドバイス
人体の基本的な構造
直立姿勢
直立姿勢のつくり方
偏りのある姿勢と修正法
身体的な要素
歩法ごとの理想的な騎座の姿勢とライダーの動き
最もよくみられる姿勢の偏りと、ライダーと馬への影響


実践的なエクササイズ
可動性 さまざまな筋肉をストレッチするエクササイズ
脊椎の各部を個別に動かすエクササイズ
脊柱全体の可動性を高め、ストレッチするエクササイズ
安定性 筋力と安定性をつけるエクササイズ
全身を鍛えるエクササイズ
コーディネーション
身体認識
写真のクイズ

付記 より良い座りを学ぶための前提条件
製造元 : 緑書房
価格 : 6,600円(税込)
数量
 

3,300円(税込)以上は送料無料となります。

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ